紫外線はにきびに良くないのですか?

MENU

紫外線はにきびに良くないのですか?

 

紫外線はにきびに良くないのですか?

 

はい。紫外線はにきびによくありません。

 

紫外線は、外からの刺激のひとつです。
肌に刺激を与えてしまうと、ニキビは悪化してしまいます。

 

 

 

紫外線は、肌を酸化させてニキビの原因にもなります。

 

酸化は、ニキビだけでなくシミやクスミの原因にもなります。また、初期のニキビを紫外線にあててしまうと、炎症を起こしてニキビを悪化させてしまいます。炎症を起こしたニキビは赤くなります。そこでまた刺激を受けると、ニキビ跡にまでなってしまいます。なかなか治らないということです。

 

 

 

また、紫外線を浴びると肌は乾燥します。

 

この乾燥も、ニキビにはよくないのです。乾燥すると必要な皮脂分までなくなっている状態です。肌は皮脂を多く分泌しようとして結果としてまた皮脂が過剰なってしまい、皮脂汚れがたまりアクネ菌が増えてにきびになってしまいます。肌のアクネ菌をゼロにしてしまうことはできないにしても、ニキビができるほど多くなってもらっては困りますね。

 

 

 

紫外線を直接浴びることを避けるために、紫外線対策をしましょう。

 

日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘で日差しを避けるのです。日焼け止めは、成分に紫外線吸収剤がはいっていないかなど注意が必要です。肌に負担をかけないということも大切です。

 

 

ニキビの原因を徹底的に調べてみました!